HOME>ホットトピックス>店内サービスをより効率的に提供する方法と注意点について

電話の対応を他の業者に依頼する

ヘッドフォン

電話の対応は顧客を獲得するにあたって重要な要素の1つです。頼りにして電話をかけたのに出てくれなかったとあっては不安が募るばかりです。電話代行サービスを利用する事で顧客に対しての信頼感が増して1人1人に対して丁寧に対応する事ができます。このように自社の業務の効率化をはかるのに必要不可欠です。その他、店内業務の効率化を考えるならbgmなども有効ですが、著作権等の問題があるので注意しましょう。

店内業務の効率化に必要な事

オペレーター

店内に音楽を流す事でいくつか効果があります。bgmを流すだけでマスキング効果というのがあります。マスキング効果によって音の特性を利用して不快な音を掻き消す事ができるので、快適な空間を提供する事が可能です。また、人が持っている潜在意識にも働きかけるので、飲食店では時間帯によって曲のテンポを使い分けています。電話代行サービスと同様に顧客の立場を考慮した手法です。著作権等に気をつければ効果抜群です。

店内に音楽を流す際の注意点について

オペレーター

電話代行サービスを依頼する際には、権利関係の問題は生じませんが、店内bgmを流す際には著作権の問題が生まれます。店舗bgmなどをYouTubeの動画サイトから流そうと考えている方もいるかもしれません。例えば、販売されているCDやDVDや有償で提供されている映画や楽曲などを無断で公開してしまうと、著作権隣接権という権利に抵触してしまいます。この権利は著作物を広める権利がある人に与えられた権利です。守れなければ違法アップロードになるので肝に銘じておきましょう。

総括すると

オペレーター

これらのサービスを正しく理解して、利用する事で営業を効率的に行う事が可能になります。ご自身の経営スタイルにあったものを見つけましょう。特に、店内bgmはお店の色が出できます。自分にあった好みのbgmを見つけて著作権を侵害する事がないようアップロードしてください。電話代行は見えないサービスの提供になるので、実際に利用してみないと分からない面もあります。利用の際には業者の評判等を参考にしてください。

広告募集中