youtubeで音楽やBGM動画を投稿するときに気を付けること

bgmを伴う動画を投稿する場合には、著作権侵害や利用規約に抵触していないか注意する必要があります。

youtubeで投稿するとき、著作権が問題になる場合とならない場合を比較して

著作権侵害を指摘される場合とは

公序良俗に反するものやyoutubeの利用規約に違反している場合は、警告を受けたりbgmを含む動画が削除されます。また著作権者の許諾を受けていなかったり、二次利用の範囲を逸脱していると同様に問題となります。警告に対しては、正しい手続きに従って速やかに対処すべきです。

侵害行為とならないケースとは

自作曲を演奏したりフリー素材を使った場合、もしくは著作権者の利用許諾を得た場合には著作権の侵害行為となりません。ただし利用規約に正しく従って運用していることや、警告を受けた際には速やかに対処することなどに注意すべきです。侵害の警告に正しく対処しましょう。

動画の制作に音楽を利用する際の注意点とは

タブレットとカメラ

インターネット上に誰でも自由に投稿や視聴ができる動画共有サイトは、世界中で多くの人が利用しています。中でも圧倒的な知名度と人気を得ているのがyoutubeです。もともとは個人向けのサービスであったyoutubeですが、最近ではビジネスなどでも積極的に活用されるようになっています。さて、多くの支持を集めるために動画の制作にはさまざまな工夫が必要です。効果的なbgmの使用もそのひとつですが、ここで注意しなければならないのが著作権の問題です。

他者の音楽を無断で使用するのはルール違反

再生マーク

ビジネスの場面でyoutubeを利用する場合、細心の注意を払いたいのが著作権の問題です。他者が制作した映像や音楽や音楽などをそのまま無断で投稿することが著作権の侵害にあたるのは、多くの人が理解しているでしょう。しかし、それだけではありません。オリジナルの動画づくりで背景にちょっとしたbgmを加える、こんな行為もその音楽に著作権が存在していたらもちろん違反行為です。たとえbgmであっても、著作権の有無のチェックや使用手続きなどの準備は必要になります。

効果的な音楽を動画内で正しく活用する方法

フィルム

youtubeへの動画の投稿は、ビジネスにおける重要なツールのひとつです。その際に重要なポイントとなるのが映像と音楽です。テレビCMでも同様ですが、注目を浴びるコンテンツには必ずといっても良いほど効果的にbgmが使用されています。bgmの採用方法には、大きくわけて2つの種類があります。ひとつはオリジナルの制作、そしてもうひとつは他者による既存の音楽の利用です。自分で制作するのであれば著作権侵害の心配はありませんが、これは誰でも簡単にできることではありません。そのため、既に存在する音楽作品の中から適当なものを選ぶのが便利です。

オーディオライブラリには豊富な無料音源が

スタジオ

既存の音楽作品を自作映像のbgmに使用する場面で、面倒なのが著作権の問題です。そこで、使用のための手続きや料金を必要としないフリー音源を利用するのもひとつの方法です。たとえばyoutubeには、誰でも自由に使うことのできるオーディオライブラリが用意されています。豊富なライブラリからは、さまざまな音楽や効果音を無料で簡単にダウンロードすることができます。

広告募集中